パテック・フィリップ ワールドタイム Ref.5330


昨年、東京・新宿で開催されたウォッチアート・グランド・エキシビション(東京2023)にて限定300本で販売されたワールドタイムRef.5330が、文字盤カラーをパープルからブルーグレー・オパーリンに変更し、現行コレクションに追加されました。

このモデルはこれまでのワールドタイムに、文字盤外周に日付表示を追加したモデルです。都市表示リングの12時位置の赤い三角印にタイムゾーンを設定すると、そのタイムゾーンの時刻と日付表示が連動するという、画期的な特許取得機構となっています。

真価を発揮するのは、ミッドウェイとオークランドの都市名の間にある日付変更線を跨ぐ時です。10時位置のプッシュボタンを押すと都市表示リング、24時間表示リング、センター時針が1時間刻みで前進しますが、ミッドウェイからオークランドに進むと、自動的に透明のガラス製の針の先にある赤いポインターデイトが指す日付表示はひとつ後退するようになっています。日常使いではアメリカ本土はもちろん、ハワイをよく往来する人には特に便利な機構と言えるでしょう。


この機能を実現させたのは、Cal.240 HUをベースにした新キャリバーCal.240 HU Cです。70個の部品からなる日付表示モジュールは、中央作動システムを備える2つの同軸の歯車から構成されています。これによって日付表示は前進するだけでなく、必要に応じて後退もすることが可能となっています。


ストラップはブルーグレーの文字盤カラーに合わせて、デニム柄のカーフスキンを採用し、洗練されたスタイリングに仕上がっています。



《社長の一言》

一見すると、ワールドタイム機構に日付表示を追加しただけ、と思われがちですが、実はワールドタイム機構が搭載されているからこその日付表示機構を搭載させる難しさがあり、それを見事に解決しているのがパテック フィリップならではの革新性によるものだと思います。さらに実用的な魅力が増したワールドタイムモデルとなっています。


=======

パテック フィリップ

ワールドタイム

Ref.5330

自動巻き

18KWG(φ40mm )

3気圧防水

=======

HISTORY年別